トップ / 不動産で気になること

不動産取引の情報

賃貸不動産で借りてからわかること

都内で賃貸不動産は、探せば沢山物件情報がありどこも綺麗にリフォームされていますからすぐにでも契約して暮らしてしまいます。しかし、賃貸は以前にも人が借りていたことがある部屋なので生活感が残っている場合もあるのです。その生活感をなくすために大家がいて仲介している業者がいるのです。暮らしだして自分の空間を守る為に疑問があるのならば、不動産や大家に連絡をして環境を整えて貰う必要があるのです。ちょっとしたこだわりがきれいさっぱり無くなると環境は、がらりと変化して心機一転したりします。

収益不動産の特徴とメリット

収益不動産とは、毎月一定の賃金収入のある不動産やつまり一棟売りのアパートや賃貸マンションやテナントビル等の事をいい、投資を行った不動産の家賃収入から週英気を得る目的で購入する物件の事です。安定した家賃収入を得る事が出来るので、資金運用をする方法として収益不動産に投資する人は増えています。手持ちのお金が無い人でも、金融機関から融資で投資が出来ます。また、固定資産税をはじめ都市計画税、所得税、住民税、相続税のいずれも土地が貸家建付地の場合には、節税対策として利用する人も増えています。