トップ / 不動産の公正競争規約とは

不動産取引の情報

不動産取引における公正競争規約

不動産取引における公正競争規約は、消費庁が定めるもので、取引において関係業者が消費者に不利益にならないようにするコンテンツで構成されています。中には、土地・建物取引において支払われ仲介手数料を高額に設定したり、2000万円提示の土地代金や2000万円程度の建築費用を、いわゆるピンハネする事態が起こりえます。そうしたルール違反をストップするために、定められたルールとなります。不動産取引で関わる人は、土地売り主、土地買取主、工務店や建築事務所などの建築事業者、司法書士で、ルール違反が発生するのは仲介者である工務店や建築事務所などの建築事業者です。しかしほとんどの仲介者は、今後も土地・建物取引を続けていきますので、ルール違反は少ないと思われます。

表示に関する公正競争規約

表示に関する公正競争規約とは不動産が売買されるときに広告を打つ場合がありますが、それにはルールがあり、勝手な広告はできないことになっています。自主規制にはなっているますが、守られない場合には、注意、警告、又は500万円までの違約金を課徴できる罰則規定が設けています。その広告とは新聞の折り込みチラシや新聞広告、ダイレクトメ−ル、物件情報誌、インタ−ネットなど虚偽や誇大広告などで不当に信用せしめて実態とそぐわず多大なる迷惑を蒙ることに繋がるような宣伝内容や方法をいいます。 同様に景品類の提供の制限に関する不動産の公正競争規約もあります。